出展のお知らせ

日に日に秋が深まってまいりました。

いつもご覧くださりありがとうございます。


10月末にクラフトイベントへ出展させていただくこととなりました。

活動を始めた頃から目標としていたイベントです。

夏から新しい取り組みにも挑戦し、開催に向けて手を動かす日々を過ごしています。


コロナ禍の中にありますので、感染拡大防止に努めながらの開催となります。

ご都合が宜しければ、ぜひお越しくださいませ◎


今日は冷たい雨ですね。

あたたかい飲み物を飲んだり、体を温めて、お体冷やさないようにしてくださいね。



第19回 工房からの風

開催日 : 10月30日(土)31日(日)

時間  : 10時から16時

会場  : ニッケコルトンプラザ屋外「ニッケ鎮守の杜」

出展作家: 公募によって選ばれた首都圏在住の26作家


【新型コロナ感染拡大防止のために】

〇会場を「ニッケ鎮守の杜」のみとして、庭園内人数を調整して運営いたします。

 ご予約はネット経由で、開催の前週からを予定しています。

 ご予約方法など詳細は、関連リンクサイトでご案内されるそうです。

 ぜひマメにチェックしてみてください。

〇感染拡大防止のため、平熱でのご来場、アルコール消毒へのご協力、

 少人数でのご来場などご協力をお願いいたします。

第19回 工房からの風のご案内

10月に入りました。 皆様、お元気にお過ごしでいらっしゃいますか。 今年、10月30日、31日の土日に「工房からの風」を開催いたします。 昨年は1日限りの風人さんを中心とした小さな会「工房からのそよ風」でしたが、 本年度は2日間「工房からの風」を行います。 もちろん、コロナ禍の中にありますので、一昨年までのような規模での開催は出来ませんが、 現在の状況下の中、感染拡大防止に努めながら、作り手と使い手をつなぐ会を展きたいと企画しました。 開催日 : 10月30日(土)31日(日) 時間  : 10時から16時 会場  : ニッケコルトンプラザ屋外「ニッケ鎮守の杜」 出展作家: 公募によって選ばれた首都圏在住の26作家 〇会場を「ニッケ鎮守の杜」のみとして、庭園内人数を調整して運営いたします。  開場時は混雑を避けるために、予約優先といたします。  ご予約方法など詳細は、追ってお知らせいたします。 〇感染拡大防止のため、平熱でのご来場、アルコール消毒へのご協力、  少人数でのご来場などご協力をお願いいたします。 ここに至るまでの経緯を記録いたしますね。 長くなるかもしれませんので、ご興味のある方はよろしければお読みください。 +++ 昨年はコロナ禍元年の中、余りに不確定要素が多かったために、通常開催は見送らざるを得ませんでした。 全国から50組の出展作家が決定しておりましたが、出展を辞退される作家が多数いらっしゃいました。 総合的に判断して、出展予定作家のうち千葉、東京、神奈川、埼玉、茨城在住の「工房からの風」出展経験作家5名と、風人さん(企画運営にお力をいただいている出展経験作家)10組による会、名付けて「工房からのそよ風」といたしました。 開催予定の土曜日は雨予報でしたので、順延として日曜日の開催となりましたが、 日曜日はお天気に恵まれて、穏やかながら、ものづくりの静かな熱が会場に行き渡る「そよ風」そよぐ1日となりました。 +++ 今年度、第19回に関しては、主催者ニッケコルトンプラザとしては、通常開催を目指して準備を始めました。 ・工芸作家の作品発表機会の創出を継続したい。 ・今展を心から楽しみにしてくださるお客様のお気持ちに応えたい。 という想いを抱きつつ、コロナ禍の推移をみておりました。 けれど、感染終息の予想が立たず、例年のような年末の一次募集、春の二次募

工房からの風・craft in action

【「工房からの風」とは】

ニッケコルトンプラザで開催される野外クラフト展です。

2001年より企業メセナの一環として「ニッケ(日本毛織株式会社)」が企画運営しています。

隔年開催として始まり、2005年からは毎年10月の開催となって、2012年に第十回を迎えました。

現在、活動の拠点を「ニッケ鎮守の杜」と名づけ、その中には「手仕事の庭」という空間を作り、自然風土に添った緑の空間を育んでいます。




asa

天然素材の手編みバッグ

0コメント

  • 1000 / 1000